2019年度文化庁
「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」

コレクティブ

探求/創造/構築 

 
複合的・多角的な作品を創造する
アーティストの育成プロジェクト
 

2019年9月から11月までの3ヶ月間、コンテンポラリーダンス作品を創りたい方を対象に、実践や座学を通して多角的に「学ぶ」「試す」「上演する」までの一連のプログラムを、“黄金4422BLDG.”で実施します。
 

 

 
複合的・多角的な作品を創造するアーティストの育成プロジェクト
 

2019年9月から11月までの3ヶ月間、コンテンポラリーダンス作品を創りたい方を対象に、実践や座学を通して多角的に「学ぶ」「試す」「上演する」までの一連のプログラムを、“黄金4422BLDG.”で実施します。
 

 ABOUT

 
コンテンポラリーダンスを媒体にダンス・音楽・映像・美術など異ジャンルのアーティストがそれぞれの分野を知り、交流し、共に模索しながら舞台作品を作り上げ、先駆的・ 独創的な舞台芸術の創作に繋がることを目指します。
この企画では、参加する方が様々な芸術的なバックグラウンドを持つことを視野に入れ、アーティストとしての自分自身を発見し、自らの探求を進めていく力を養います。
無意識に私たちの思考や行為を制限しているような概念に揺さぶりをかけることや、それぞれの表現に対する概念を転換し、参加する人が自由な発想を持つ場となることを願い、「コンテンポラリーダンスとは」「 作品とは」といった根本的な疑問を立ち上げるところから創作へと至るプロセスを重んじたいと考えています。
この企画は、黄金4422BLDG.を中心に実施される黄金芸術祭2019の連携事業の中核として、幅広いジャンルやエリアを巻き込みながら展開していきます。
 
 

 NEWS

2019.10.18

ANTIBODIES Collective

▶︎>特設ページ開設

2019.9.30

応用プログラム

特別WS

参加者募集開始!

▶︎>>

2019.916

基礎プログラム終了

Facebook page

2019.9.12

基礎プログラム

スタート!

2019.7.17

参加募集チラシ完成 

ダウンロード

 チラシ表紙.pdf 

チラシ中身.pdf

2019.6.20

参加申し込み開始

▶︎>>

 

 
 

 MANAGEMENT

N-mark共催・企画)

「N-mark」は、新しい表現を自由に発表できるアートの環境を整え、名古屋を軸にアートのネットワークをつなぐことを目的に1998年から活動を開始。 2003年ミーティンクキャラバンを企画し、ミーティングしながら日本全国縦断。2005年その記録をBankART1929から出版。現在クリエイターのシェア・ビルディング「長者町トランジットビル」や「黄金4422BLDG.」でビジュアルアートの展示ディレクションやプロジェクトを展開している。
 
 

アートコレクティブ実行委員会(運営)

ジャンルを横断し、新しい表現を模索、実験的な取り組み展開していく団体。「N- mark」代表の一人、武藤勇と、アーティストとして名古屋・埼玉を拠点に活動している小池陽子を中心に 2019年から活動をスタート。

 MESSAGE

 
僕らは現代美術の分野において1998年に組織を立ち上げ、若い美術家たちとたくさんの話をし、たくさんの展覧会を作り上げてきました。そして現在の拠点の一つ、コレクティブの舞台となる「黄金4422BLDG.」でも立ち上げから現代美術のアートディレクターとして関わり、4階5階のギャラリーやスタジオ、スタディールームで色々な企画を実施しています。
ここにはダンサー、美術家、音楽家、映像家、劇作家が集い、色々な表現が交差する面白い場所だと自負していますが、そんな環境を活かして何かできないだろうかと模索していた中で実施できることになったのがこのコレクティブでした。
美術の分野においても建築映像パフォーマンス演劇、音楽など様々なジャンルを超えた作品が増えてきています。これは私たちが多様な社会で生きていく中で自由な表現が生まれつつある証拠だと考えています。舞台作品や映画などの総合芸術においては共同する仲間たちのスキルを理解し最大限引き出すこと。お互いに最大限に良いところを引き出しながら作品を作っていくコミニケーションスキルが必要になってくると思います。
私たちは自分にできるスキルだけではなく、様々な人たちとそれぞれのスキルを最大限に発揮する術を身に付けることでより面白い表現が生まれるのではないかと考えています。
コレクティブでは色々なジャンルのメンバーがが刺激し合い、新しい表現を目指す、実験的な取り組みとしていきたいと考えています。みなさんと新しい、刺激的な作品が見れることを熱望しています。

武藤  勇 (N-mark代表) 

 
僕らは現代美術の分野において1998年に組織を立ち上げ、若い美術家たちとたくさんの話をし、たくさんの展覧会を作り上げてきました。そして現在の拠点の一つ、コレクティブの舞台となる「黄金4422BLDG.」でも立ち上げから現代美術のアートディレクターとして関わり、4階5階のギャラリーやスタジオ、スタディールームで色々な企画を実施しています。
ここにはダンサー、美術家、音楽家、映像家、劇作家が集い、色々な表現が交差する面白い場所だと自負していますが、そんな環境を活かして何かできないだろうかと模索していた中で実施できることになったのがこのコレクティブでした。
美術の分野においても建築映像パフォーマンス演劇、音楽など様々なジャンルを超えた作品が増えてきています。これは私たちが多様な社会で生きていく中で自由な表現が生まれつつある証拠だと考えています。舞台作品や映画などの総合芸術においては共同する仲間たちのスキルを理解し最大限引き出すこと。お互いに最大限に良いところを引き出しながら作品を作っていくコミニケーションスキルが必要になってくると思います。
私たちは自分にできるスキルだけではなく、様々な人たちとそれぞれのスキルを最大限に発揮する術を身に付けることでより面白い表現が生まれるのではないかと考えています。
コレクティブでは色々なジャンルのメンバーがが刺激し合い、新しい表現を目指す、実験的な取り組みとしていきたいと考えています。みなさんと新しい、刺激的な作品が見れることを熱望しています。

武藤  勇 (N-mark代表) 

舞台作品は様々な分野のアーティスト、スペシャリスト達との共同作業から生まれるもので、クリエイターはイメージ、音、空間、言語などパフォーマンスを成り立たせることを総合的に理解しなくてはなりません。自分のボキャブラリーや価値観だけで全てをはからず、いかに「受け入れるか」ということも創作においては重要なことです。ダンス技術や振付の方法を習うことはよくありますが、様々な視点に触れることで思考を解きほぐし、じっくり創作に集中できる環境は残念ながら日本にはあまり多くありません。
今回プログラム・ディレクターとして企画から携わる機会をいただき、多角的な視点から表現の可能性や創作におけるコミュニケーションについて考察できる場を作りたいと考えました。そこで、プロジェクトのクリエイティブ・ディレクターとして山中透氏を迎え、全プログラムのディレクションをお願いしました。山中氏といえば、「dumb type(ダムタイプ)」の音楽を1984年から2000年まで担当し、シンガポールを拠点に世界的に活躍するOng Keng Senと渡りあい、急速に変化する時代の最先端を走り続けているコラボレーションの巨匠です。国内外の数多くのコラボレーション作品に参加しているダンサーの平井優子さんに仲介役(インタープリター)を、名古屋を拠点に国内外で活躍する伏木啓さん、福井孝子さん、武藤勇さんに講師・アドバイザーを依頼しました。
プログラム開催期間中は私も全プログラムのインタプリターとして、山中氏や講師の方々と共に様々な解釈や創作プロセスの交通整理を行ないながら、参加者の皆さんと思考・試行にコミットしていきたいと思います。黄金4422BLDG.でお待ちしています。
 

小池 陽子
「コレクティブ」プログラム・ディレクター

 
舞台作品は様々な分野のアーティスト、スペシャリスト達との共同作業から生まれるもので、クリエイターはイメージ、音、空間、言語などパフォーマンスを成り立たせることを総合的に理解しなくてはなりません。自分のボキャブラリーや価値観だけで全てをはからず、いかに「受け入れるか」ということも創作においては重要なことです。ダンス技術や振付の方法を習うことはよくありますが、様々な視点に触れることで思考を解きほぐし、じっくり創作に集中できる環境は残念ながら日本にはあまり多くありません。
今回プログラム・ディレクターとして企画から携わる機会をいただき、多角的な視点から表現の可能性や創作におけるコミュニケーションについて考察できる場を作りたいと考えました。そこで、プロジェクトのクリエイティブ・ディレクターとして山中透氏を迎え、全プログラムのディレクションをお願いしました。山中氏といえば、「dumb type(ダムタイプ)」の音楽を1984年から2000年まで担当し、シンガポールを拠点に世界的に活躍するOng Keng Senと渡りあい、急速に変化する時代の最先端を走り続けているコラボレーションの巨匠です。国内外の数多くのコラボレーション作品に参加しているダンサーの平井優子さんに仲介役(インタープリター)を、名古屋を拠点に国内外で活躍する伏木啓さん、福井孝子さん、武藤勇さんに講師・アドバイザーを依頼しました。
プログラム開催期間中は私も全プログラムのインタプリターとして、山中氏や講師の方々と共に様々な解釈や創作プロセスの交通整理を行ないながら、参加者の皆さんと思考・試行にコミットしていきたいと思います。黄金4422BLDG.でお待ちしています。

小池 陽子(「コレクティブ」プログラム・ディレクター) 

ダンスハウス黄金4422は「創作者に寄り添える場」をコンセプトに2018年に事業が開始されました。日本ではコンテンポラリーダンスを普及させていくために多くの問題や課題を抱えています。私たちはそれらの課題の中から、アーティストへ「質の高い創作環境の創出」を提供することで、日本のコンテンポラリーダンス界が普及していくことを願っています。
当施設ではホール、スタジオ、レジデンス、ミーティングスペースを有しています。現在、ダンサーや振付家、そしてアーティストを取り巻く環境は急速に変化しています。これまでのように振付やダンスを行うだけではなく、照明デザインや音楽、衣装に至るまで自らが判断し、ディレクションすることが求められる環境が増えてきています。そして、情報化が進むことで、オリジナリティーが混迷する世の中であるからこそ、異なるジャンルのアーティストとの知識や情報、哲学などをシェアすることも必要とされてきています。 「コレクティブ」では、そういった異なるアーティスト同士が思う存分、実験を行える環境を提供し、まだ見ぬ新しい発想や現代社会に大きな問題提起を投じるような作品が生まれることを願っています。
 

浅井 信好   (ダンスハウス黄金4422 ディレクター) 

ダンスハウス黄金4422は「創作者に寄り添える場」をコンセプトに2018年に事業が開始されました。日本ではコンテンポラリーダンスを普及させていくために多くの問題や課題を抱えています。
私たちはそれらの課題の中から、アーティストへ「質の高い創作環境の創出」を提供することで、日本のコンテンポラリーダンス界が普及していくことを願っています。
当施設ではホール、スタジオ、レジデンス、ミーティングスペースを有しています。現在、ダンサーや振付家、そしてアーティストを取り巻く環境は急速に変化しています。これまでのように振付やダンスを行うだけではなく、照明デザインや音楽、衣装に至るまで自らが判断し、ディレクションすることが求められる環境が増えてきています。そして、情報化が進むことで、オリジナリティーが混迷する世の中であるからこそ、異なるジャンルのアーティストとの知識や情報、哲学などをシェアすることも必要とされてきています。「コレクティブ」では、そういった異なるアーティスト同士が思う存分、実験を行える環境を提供し、まだ見ぬ新しい発想や現代社会に大きな問題提起を投じるような作品が生まれることを願っています。
 

浅井 信好  (ダンスハウス黄金4422 ディレクター)

 
 

コレクティブ・探究/創造/構築

2019年度文化庁「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」

コンテンポラリーダンス・プラットフォームを活用した振付家育成事業』

時期

2019年9月〜11月

会場

黄金4422BLDG.

主催

文化庁

NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)

「ダンスでいこう!!Dance it is!!」▶︎>>

共催

N-mark

企画・運営:アートコレクティブ実行委員会

協力

黄金4422BLDG.

ダンスハウス黄金4422  

ANTIBODIES Collective

LIBERGRAPH

 
 

コレクティブ・探究/創造/構築

   2019年度文化庁「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」

   『コンテンポラリーダンス・プラットフォームを活用した振付家育成事業』​

    あいちトリエンナーレ2019パートナーシップ事業

時期

    2019年9月〜11月

会場

    黄金4422BLDG.

主催

    文化庁

    NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)

    「ダンスでいこう!!Dance it is!!」▶︎>>

共催

    N-mark

    企画・運営:アートコレクティブ実行委員会

協力

    黄金4422BLDG. 

    ダンスハウス黄金4422  

    ANTIBODIES Collective

    LIBERGRAPH